ゲームエンジニアとプレイヤーのギャップ

ゲームを趣味としている人は数多くいます。また中には、いつかゲーム開発の仕事がしたいと考えている人もいるでしょう。しかし実際にゲームエンジニアを目指してみると、多くの困難が待ち構えているのが分かります。ゲーム開発は、プレイするほど簡単なものではありません。いざゲーム開発の仕事に就いてみると、プレイヤーとの間に大きなギャップがある点に気づきます。

ゲームエンジニアは、プレイヤーの心理を読めるかが重要な能力です。プレイヤーたちがどのような事を望んでいるかを判断できなければ、人気を集められるようなゲームの開発は難しいです。ゲームエンジニアの人材を募っている求人についても、技術者として開発に携わる意識を持ちつつ、かつプレイヤーの心理が深く読める人物が重視されます。
そのためには、ゲームに対して深い考察ができるかが鍵です。何気ないゲームのルールにも、プレイヤーの心理を操作する数多くの工夫が盛り込まれています。

ゲームについて単に楽しむだけに留まらず、客観的に分析する人はゲームの本質を知っています。ゲーム開発技術者の求人案件から採用してもらうためには、再度ゲームの事をよく理解していなければなりません。ゲームとは何かを突き詰めていけば、開発技術者として客観的にゲームに関わる立場に立てます。できれば、ゲーム開発者の求人に応募する前に個人でゲーム開発の経験があると、ゲームの本質を掴む手掛かりが得られるでしょう。

Comments (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です