unityエンジニア以外の求人に見る特長

ゲーム開発では、unityのようなゲームエンジンを使っての開発が一般的になりつつあります。
将来ゲーム業界で開発者として就職を目指すなら、ゲームエンジンによる開発手法は身につけておいたほうがいいでしょう。unityエンジニアを募集する求人が見つかり、仕事のチャンスが獲得できます。

しかしながら、unityを使いこなせれば万全と言うわけではありません。確かにゲームエンジンは、ゲーム開発の効率化に貢献しています。一方でゲーム開発会社や開発チームによっては、インハウスの独自開発ツールを用いている場合もあります。そのケースでは、unityの扱いに優れているというスキルは、優位性を持ちません。ただしゲーム開発の手法は、ツールが異なっていても共通する部分もあります。unityによる開発が行われないからといっても、技術者としてのスキルが通用しないわけではありません。それでも、ゲーム業界で求人を獲得し、幅広い活躍を目指すのであれば、unity以外での開発ノウハウについても身につけた方が有利です。

unityエンジニアが、全てにおいて就職に有利ではない点に注意です。unity以外にも開発の方法はあるという特徴を知っていれば、対処のしようはあります。もちろん、unityエンジニアの求人数は多く、仕事のチャンスが広がっているのは確かです。ゲーム開発技術者を目指す上で、unityを使いこなせるかどうかが重要な鍵を握るのは、間違いありません。

Comments (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です